引越しは作業だけではありません。しなければならない手続きについて。

電気・ガス・水道などのライフラインの手続きについて

電気・ガス・水道などのライフラインは遅くても引越しの1週間前にはそれぞれ電力会社・ガス会社・水道局に連絡して退去日を伝え、精算方法、引越し当日に立ち会いが必要であれば時間の調整をしておきます。連絡は電話、もしくはインターネットからでも出来ます。連絡するときにはお客様番号が必要になりますので前月の請求書は必ずとっておきましょう。精算方法の選択について、電気と水道はカード引き落としなどそれまでの徴収方法で最後の精算もするという場合が多いですが、ガスは閉栓の立ち会いの際に現地で精算することがほとんどです。全て現地で精算をする場合は当日に慌てることがないように前日までに必要な料金より少し多めの現金を用意しておきます。

 

電気は最後、部屋を出て行く際にブレーカーを落とします。忘れてしまうとわずかな電力が消費されて電気料金が発生してしまいます。電気の使用停止手続きをしているので請求は来ませんが、もし発生していれば物件のオーナーに請求が行きます。オーナー、もしくは不動産業者の担当が部屋の引き渡しの際にブレーカーの確認をするはずですが念のために自分でブレーカーを落としてください。水道は当日現地で立ち会いして精算も出来ますし、立ち会いなしで新居の住所を伝えておけばそこに請求書を送ってもらうことも可能です。立ち会いがなしであれば引越し当日に何もすることはないです。ガスの閉栓は立ち会いが必要です。引越しシーズンに引越す場合は早めに閉栓立ち会いの予約をした方が良いです。作業は10分程度で、すぐにその日までの使用料金が分かるのでその場で精算出来ます。

 

これから一人暮らしをしてみようかな?なんて考えている人にはとても参考になるのではないでしょうか。

 

転出・転入等の手続きについて

転出・転入等の手続きについてです。転出届の際に必要な物は印鑑、免許証などの写真付きの身分証明書、それから引越し先の住所です。転出届は市区町村役場に直接行かなくても郵送で手続き可能です。各市区町村のホームページで依頼書を印刷します。必要事項を記入して押印し本人確認書類(免許証や健康保険証のコピーなど)と返信用封筒を同封して郵送します。転出の届け出を出すと「転出証明書」がもらえます。

 

これは転入届を出す際に必要ですので引越し作業で紛失しないように気をつけましょう。同じ市町村へ引越す場合でしたら引越しをした後、14日以内に転居届を提出します。転出届の際に同時に済ませられる手続きは済ませておきます。印鑑登録の廃止手続きです。

 

この手続きに必要な物は登録した印鑑と印鑑登録証です。ただし、転出届が受理されると自動的に印鑑の登録が廃止される市町村が多いでので各市町村役場にお聞きください。もしも転出届の受理後に引越しが中止になった場合、転出証明書を持って速やかに転出証明書を発行した市町村役場へ行き転出中止の手続きをしてください。そうしないと住所不定のままになってしまいます。

 

新居への引越しが済んだら今度は転入届を提出します。引越し後14日以内に転居先の市町村役場に「転出証明書」と印鑑を持って転入届を出します。そのときついでに住民票も交付してもらいましょう。引越し後は何かと住民票が必要な手続きがあるものです。あらかじめ何枚必要なのか確認しておいて用事は1度に済ませましょう。