MENU

サイトインフォメーション

運営者情報

サイト名称 東京⇔埼玉の安い引越し業者は?【損をしない方法はコレ!】

 

東京と埼玉は隣接していますので、自宅は埼玉、会社・学校は東京というケース(あるいはその逆)も十分あり得ます。どちらも交通網が充実していますので、週末はあちこちに短時間で遊びに行くことが可能です。
埼玉といえば、鉄道博物館が有名ですよね。また東京にも、江戸川区に地下鉄博物館があります。
東京と埼玉は、それこそ電車や地下鉄1本で気軽に移動できますから、鉄道・地下鉄の歴史や最新技術を学びに訪れるのも面白そうです。引越しもこのくらいの気軽さで出来ると良いのですが、東京も埼玉も業者数が非常に多く、良い業者に巡り合うのも一苦労です。『無料一括見積もりサービス』を使って、出来るだけ気軽に引越しを済ませてしまいましょう!

 

旧居を出ることが決まり、手続きをしなければいけないとき、とても大切なのは、「郵便局へ出す転居届」ではないでしょうか。なぜなら、親戚や友人からの手紙や葉書の他、クレジットカードまたは携帯電話の利用料金や、銀行からの諸連絡など、日常生活を送る上で欠かせない情報が多数送られてくるからです。だから、転居届を出しておくことで、引越す前の自宅に届いた郵便物を引越し先住所まで転送してくれるよう設定しておきましょう。

 

新居の片づけがある程度済んだら、手持ちの運転免許証の旧住所を新住所に変えることになります。変えることができるのは、新住所を管轄している警察署か「運転免許センター」です。特に何もしなくても運転には差しさわりないのですが、万一忘れると、いざというときに、運転免許証が使えないかもしれないのです。なので、早めに「運転免許証記載事項変更届」を提出した方が良いでしょう。

 

引っ越しの際、もしも就学中の児童(生徒)がいるのなら、転校手続きを取る必要が出てきます。その流れは行政単位で違っている場合もありますので、引越しすることが決まったら、その時点で担任の先生に伝達をしておきましょう。また、小中学校か高校、公立もしくは私立なのかによっても、転校の手続きの仕方は変わってきます。

 

引っ越し先での新聞購読はどう対処しますか?以前とは違う新聞を読んでみたいと思ったり、転居したことを販売所に教えて契約続行する方もいるものと予想しますが、この際、すっぱりと購読を止めることを勧めたいと思います。
なぜかというと、この情報化社会、目立つ情報は一通り、インターネット上で確認できるからです。とすると、1か月ごとに高い料金を払ってまであえて新聞を読む理由はありませんからね。