引越し業者 その種類と特徴など

様々な引越し業者がありますが、引越を専門に扱う引越し業者と引越しを一部の業務として行う運送業者に分けられます。これらの業者を詳しく見てみましょう。

 

引越し業者は引越しを専門に行っていることもあり、車両、設備および資材が充実していて、引越し作業員の技術や教育がしっかりしているので信頼できます。また顧客のニーズに応じた様々なサービスを提供しています。確かな引越しサービスが期待できるので安心して利用できます。

 

運送業者の場合は、引越し作業を運搬業務の一部として行っているので、引越し業務に携わる専門の作業員がいるわけではなく、また引越しの設備や資材、オプションサービスなどは引越し業者ほど豊富ではありません。よって引越しに詳しくない作業員が担当する可能性はありますが、引越し料金は割安になります。

 

大手引越し業者は、テレビなどでよく目にすることもあり知名度が高く、引越し作業員の教育もしっかりなされていて安心して利用できますが、料金は割高になる場合があります。中堅引越し業者は、業者の数が多く需要が高いこともあり、料金の格差があります。引越し作業員は引越しの経験が豊富であることは言うまでもありません。

 

手ごろな引越し料金になっているのでもっとも利用されている引越し業者です。軽貨物引っ越し業者は、小規模な引越しの場合に料金も低く抑えられて便利です。但し、運転手が一人で引っ越し作業を行うので、荷主の手伝いが必要になってきます。荷物の大きさが制限されてしまうのと設備や資材が豊富でないことが弱点になります。

 

引越し業者と運送業者について

引越しを行う際は、個人で出来ない場合、ほとんど引越し屋さんに依頼しますが、つまり運送業者または引越し業者に依頼することになります。では運送業者と引越し業者には違いがあるのでしょうか。

 

引越し業者というのは、運送業者の一部の業務である引越しを専門に行う運送業者のことをいいます。運送業者は国土交通省が定めた、一般貨物自動車運送事業、貨物軽自動車運送事業と貨物利用運送事業に分類され、一般貨物自動車運送事業者が私たちが良く知っている運送屋さんのことで、ほとんどの業者が引越し業務を事業業務の一部として行っています。

 

貨物軽自動車運送事業は、軽自動車を使用する運送業者のことで、赤帽さんが例にあげられます。この事業は軽自動車1台あれば開業できるので、個人で経営する事業者が多くなります。

 

貨物利用運送事業者というのは、自分の運送手段を持たずに荷主と運送業者を仲介する業者のことをいいます。荷主と直接運送契約を結びますが、トラブルなどが発生した場合には一般貨物自動車事業者を含む三者で話し合いが必要になります。
運送業者は荷主と運送契約を結ぶ際に、国土交通省が定める運送約款を荷主に提示しなければなりません。引越しの場合は引越約款を荷主に提示することになりますが、見積り書や契約書の裏面に表示されていることがあります。この約款には荷物の破損などやキャンセルについての重要な取り決めが記載されていますので、契約する際は運送業者に必ず確認するようにしてください。

 

オフィス引越し業者と料金

オフィス移転には、業績が好調な会社のオフィス移転、業績が不調な為、経費削減の場合のオフィス移転がありますね。出来れば業績好調なオフィス移転をしたいもので、その場合はある種企業のビッグイベントにもなりますね。

 

今ではオフィス移転専用の引越し業者がありますので、複数業者へ見積もりをし、しっかり費用を確認しましょう。オフィスの引越しは社員数にもよりますが、基本的には総務部さんにとって1番大変な仕事の1つではないでしょうか?

 

デスク、棚、ラック等大きなものの移動もあれば、非常に高価なもの、個人情報等の重要書類の移動もありますので、通常の引越しとはわけが違いますね。

 

引越し作業だけでも大量で大変ですが、それに加え内装設計、OA機器の設置、電話やLANの構築等付加業務もてんこもり。引越しといえどミスの許されない仕事です。通常それぞれの作業は運送業者、産廃業者、電気配線工事業者などなど、複数企業とのやりとりで追われてしまいます。既に決まった業者がなければ1本化してくれるオフィス、事務所専用の引越し業者に頼んだ方がよいでしょう。ただし総務の仕事はコストを抑えるだけではないですよね。

 

しっかり取引、依頼出来る引越し業者なのか?その企業のコンプライアンス状況も判断基準になるでしょう。今はインターネット上の口コミサイトでも業者の状況を見ることは出来ますが、出来れば他企業のオフィス移転を経験された総務部の担当者と情報交換するのがよいでしょう。

 

引越し費用の比較も大事

引越し業者を比較していくというのは、大変重要な事です。

 

引越し業者を比較していくという事は、その料金などを比較する事にもつながるからです。引越しにかかる総額というのは、その引越し業者にかける料金によっても、大きく異なってくるものですので、自分の納得のいくような価格のところを選んでいく必要があります。

 

その荷物の量や形状、大きさ、どこまでの距離のところに引っ越すかという点によっても、引越し業者にかかる費用というのは変わってきます。

 

引越しの時は、新居でも新しい家具を買ったり、生活雑貨を揃えたり、初期費用を不動産屋さんに支払ったりと、何かと費用がかかってくるものです。そのため、引越し費用をできる限り抑えたいのであれば、少しでも安い引越し業者を選ぶという事が重要です。

 

大手のところの中にも、交渉すればそれだけ安くなるというような引越し業者もありますので、交渉の余地があるようなところを選ぶといいです。お客様思いのところを選びますと、とてもサービスがよく、安心できます。満足度の高いような引越し業者をご利用していくといいです。

 

評判を調べてみるというのもいいです。評判やランキングなどを調べていき、自分はどのようなところなら安心して依頼できるかという事を考えていきますと、スマートな引越しができるはずです。

 

引越しというのは、新居での新たな生活が楽しみになってくる大きなイベントでもありますが、色々な手配が大変なものなのです。